日本全国の賃貸物件検索サイト ルームコンタクト

日本全国の賃貸物件検索サイト ルームコンタクト
■不動産会社の方 ■サイトマップ
■SNS公式アカウント
 

私のお部屋探し体験談

部屋探しに関する体験談(成功談・失敗談)をお寄せいただきました。
あなたのお部屋探しや引越しにまつわる体験談も、ぜひお寄せ下さい!

※過去の掲載バックナンバーはこちらです→<もっと見る>
移転する時の電話番号について
ウメ 東京都 20~24歳 男性 2014/05/01掲載
男性

同じ市区町村内の移転でも収容局が異なる場合は電話番号が変わってしまう場合があります。
最近は固定電話を持たないケースもあると思いますが、先に移転を決めてしまうと同じ電話番号を使うことができなくなる場合があるので、もし同じ電話番号を使いたい場合は、移転先の住所をもとに事前に確認することをおすすめします。

不動産屋さん感謝
    2007/05/02掲載
男性

結婚を気に新しい部屋を探していたのですが、なかなか場所と値段に合う物件がなく、探す路線を変更しました。
最終的に物件は見付かったのですが、不動産屋さんに「大家さんに交渉すればもう少し家賃が安くなるよ!」とアドバイスされました。大家さんと対面後、話を切り出せないでいたら不動産屋さんが代わりに交渉してくれました。
結果的に家賃の端数(千の位)が無くなりました。感謝!感謝!

迅速な行動が実を結ぶ
    2005/07/13掲載
男性

だいたい3月から4月にかけてお部屋の入れ替えがあり、すでにその時期には満室になってしまいます。探そうにもお部屋はないですね。あっても条件が良くなく、泣く泣く部屋を決めるハメにもなってしまいますよね。
そうならないためにも早めに動いていました。
私の場合は12月あたりからネット上で、良さそうな物件をチョイスし、1月に不動産屋へ行って下見。最終的には2月で決定と言った流れでした。私は12月から始めましたがもっと早くても良いかも。でも、お部屋探しは早いに越したことはないですがあまり早すぎると、逆にお部屋の情報が掲載されていないこともあります。早めの行動とマメにネットでお部屋の情報を仕入れておくことが良いお部屋を手にする近道です。特にネット上では更新がリアルタイムに行われているのでフルに活用すると吉ですね。

大学生活スタート!
    2005/06/23掲載
男性

一人暮らしを始めるきっかけとして大学生活スタートがあるかと思います。
初めての部屋探しで分からないことだらけだったことも覚えています。
でも、大学生の場合は安心です。生協が部屋を斡旋してくれます。生活面、経済面で大学生に合った部屋を紹介してもらえます。学生だから極力安く済ませたいのであれば、共同もありますし、共同でなくてアパートがいいのであれば、お手ごろの部屋もきっと見つかるはずです。
そこには大学があるのですから、その周りに大学生が安心して住める部屋があるのは当然です。
でも、1つだけ注意!それは、新入生が一斉に部屋を探すということです。ということは早い者勝ちということになります。先手を打つといい部屋が見つかるかも。

なにげない一言・・・
    2005/05/25掲載
男性

 家族(妻、長女)で気に入った物件ということで探し始めました。
 家賃、間取り等なかなか家族全員が気に入った物件がみつかりません。キッチンが今一、家賃が高いとか、部屋の収納が狭い、駅まで遠いとか・・・・・・
 そうこうしているうちにやっと新築の物件が見つかりました。1棟4世帯で、10棟が1つの敷地内にありました。ゴミ置き場のネット張りや自治会の班長などは、持ち回りで行うことになっています。
 ある日、ゴミ置き場にネットを張っていたら、『ご苦労さまです』と声をかけられました。それ以上、交わす言葉もありませんでしたが、心地よい気分でした。

私のお部屋探し体験談
スポンサーサイト
Blu-ray&DVD
スポンサーサイト
Amazon